2020年06月13日

コロナ感染疑いの男 再び出廷せず判決また延期/徳島地裁

被告が新型コロナウイルスに感染した疑いがあるとして、延期になっていた埼玉県三郷市、会社員の男(33)=詐欺罪などで起訴、保釈中=の
判決公判が12日、徳島地裁であった。男は3月のPCR検査で陰性だったものの、発熱などを理由に再び出廷せず、判決はまた延期された。
弁護人によると、男は、37度以上の熱やせきなどが続いている。弁護人は電話などで連絡を取っており、今後も出廷を呼び掛ける。次回公判は8月5日の予定。

起訴状などによると、男は昨年4月、氏名不詳者と共謀し、徳島県内の50代女性から架空の民事訴訟の和解金名目で現金300万円をだまし取るなどしたとしている。男は3月18日、発熱やせきが2週間以上続き、病院で新型コロナ感染の疑いがあると診断されたとして、地裁で開かれた判決公判に出廷しなかった。

2020/6/13徳島新聞

posted by security-taisaku at 17:09| Comment(0) | 裁判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月09日

「接待伴う店」はキャバレー 政府が業態明確化

新型コロナウイルス感染拡大のリスクがある場所として例に挙がる「接待を伴う飲食店」について、政府は3日、菅義偉官房長官の記者会見などの際に「キャバレー」「ナイトクラブ」といった形で業種を具体的に示すことにした。「接待に使う飲食店」と混同される、として明確化するよう関係者から求められたため。
政府の基本的対処方針には、これまでクラスター(感染者集団)が確認された場所として「繁華街の接待を伴う飲食店」とする記述があり、政府関係者もこの言葉を多用してきた。
ところが、料亭をはじめ企業関係者らが接待に利用する高級飲食店などを指すと誤解される例があるといい、政府関係者はこうした店から区別するよう要望が寄せられたと説明。実際に菅氏は3日の会見で、休業要請の緩和に関連して「キャバレーなどの接待を伴う飲食店」と述べた。 

2020/6/3時事通信
posted by security-taisaku at 20:29| Comment(0) | コロナウイルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コロナ、非正規解雇5千人に迫る 1週間で倍増、厚労省

厚生労働省は9日、新型コロナウイルス感染拡大に関連した非正規労働者の解雇や雇い止めは見込み人数も含めて5日時点で4943人と発表した。5月29日時点は2366人で、約1週間で倍増。都道府県の労働局やハローワークに相談をした事業所から集計した。
労働者全体の解雇、雇い止めは2月から集計を開始しており、見込み人数も含め2万933人。2月~5月24日の集計では雇用形態別にカウントしていないため、非正規労働者数は4943人よりも多いとみられる。
2万933人の内訳を業種別に見ると、ホテルや旅館など宿泊業が4348人で最も多かった。

2020/6/9共同通信
posted by security-taisaku at 20:29| Comment(0) | コロナウイルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。